ファリエロサルティ|falierosartiのストール通販【ファリエロサルティスト】


【ファリエロサルティの歴史と伝統】 

ファリエロサルティって

どうして世界中のセレブから人気があるの?



ただ単なる流行ではありません。

ちゃんとした歴史と伝統があり

それを守りながら進化もしているからです。



私の大好きなファリエロサルティを

もっともっと知っていただきたい



そんな想いでファリエロサルティの

生い立ちなどをご紹介します。



歴史は1949年

フィレンツェでファリエロ・サルティ氏によって

「sarti社」が創業したのがはじまり。




ストールメーカーではなく

最高級生地メーカーでした。



ウール、カシミア、コットン、シルク、モダールなど

さまざな高級天然糸を使い

独特な風合いのある生地を作るのが特徴で



一流メゾンからの信頼も厚く

シャネル、ジョルジオ・アルマーニ、ジャンポール・ゴルチエなど

長きにわたって

一流ブランドの生地生産を手掛けています。




まるで空気を含んだかのような

軽やかで独特な風合いと手触りは

常に編み方や染技法を研究し続けたたまもの。



では、現在のストールが有名になったきっかけは?

時は1992年。

創業者ファリエロ・サルティの孫であるモニカ・サルティが

小物ブランドとしての新たなイメージを打ち出しました。





モニカ・サルティは
NYのアンクラインで修行。

NYで磨いたスタイリングセンスを活かして

スカーフの古いイメージを一新するレーベルとして

自らディレクションを務める「Faliero Sarti」をスタート

彼女の創造性とブランドの技術力を結集されたものが

現在の「ストールコレクション」なのです。



このストーリを読むと

やはり老舗ブランドは「守りと進化の共存」を

常に追い求めなければいけないんだなぁと思いました。

昔のままだと「古臭い」と言われ衰退していく。

新技術だけではブランドの良さがない。

その二つをうまく融合して

その時代のニーズに応えられる。


企業を長年続けるというのは本当に大変なことです。

それを60年以上経つ今も世界中の人に愛される

「ファリエロサルティ」は本物のメーカであることに

間違いはありません。



ちょっとまじめな感じになってしまいましたが

ずっと会社を経営してきて

これからも継続させていきたいと思う

経営者の私にとっても非常にためになるストーリーでした。


これからもファリエロサルティを手にする感動を

1人でも多くの方にわかっていただけるよう

どんどん魅力を伝えていきたいと思います♪


些細なことでもかまいませんので

いつでもお気軽にお問い合わせくださいね。

店主 かな子

PageTop

  • おもてなし
  • 交換返品OK
  • ギフトラッピング
  • ブログ
  • 送料無料


  • 大草直子さん愛用
  • 雑誌掲載商品
  • 2018秋冬コレクション
  • 2017春夏コレクション
  • TOBIAすべて
  • TOBIAブラックネイビー系
  • TOBIAグレー系
  • TOBIAベージュ系
  • TOBIAブルー/グリーン系
  • TOBIAピンク系
  • AZZURRAすべて
  • AZZURRAグレー系
  • AZZURRAベージュ系
  • AZZURRAブラウン/カーキ系
  • AZZURRAブラック/ネイビー系
  • AZZURRAピンク・レッド系
  • プリント(柄)
  • 歴史と伝統
  • TOBIAとAZZURAの違い
  • ストールのお手入れ
  • ストールの保管方法
  • オリジナルコットン袋でお届け
  • 検品作業風景
  • ストールの選び方
  • 雑誌掲載コーディネート
  • 初めてのお客様へ
  • お支払いについて
  • 特商法に関する表記
  • お問い合わせ
  • フィナモレイズム